GREETING ごあいさつ
hasuda takeshi
2018年4月、世界のBaby Boxの現状と課題について、初めての国際シンポジウムを熊本市において開催しました。2日間で計11カ国のBaby Box運営者や研究者に各国の現状と課題をご報告頂きましたが、世界には他にも多くの国々でBaby Boxが設置されていることが明らかになりました。また、Baby Boxの抱える問題点、課題には各国共通するものも多く、今後、各国がこれらを共有し、連携して解決していく必要性を感じました。
そこで、この度、International Association of Baby Boxes(IABB)と称し、Baby Boxの運営者及び研究者、社会的養護に携わる方を会員とした新組織を立ち上げることと致しました。本組織では、Baby Boxに関する情報交換や人的交流、国際シンポジウムの開催等を通して課題の共有及び解決に向けて対応して参りたいと考えております。
是非とも皆さまの本活動へのご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
2018年11月1日
International Association Baby Boxes
事務局長 蓮田 健